FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、キリンチャレンジカップ2006「日本代表 vs ガーナ代表」を観てきました。

例によって、生観戦でしかわからない部分をメインにレポートしてみたいと思います。


一旦家を出てから、空模様があまり怪しいので雨具を取りに帰ったり、いろいろバタバタしましたが、なんとか雨も降らずに済んでよかったよかった。

チケットが大量に残っているとか言われてましたが、最終的には5万4千人ぐらい入ったようですね。

でも、やっぱり開門後に行ってもそんなに並んではいなくて、ホームゴール裏自由席も席はまだまだたくさんあって、選び放題でした。

ホームでもこんな感じなので、アウェイの方は一体どうなるのかと思うぐらい閑散とした感じ。
何人いるか、数えられそう・・・。

そんなアウェイの一角に、カラフルでとってもノリがよく楽しそうなガーナの応援団の人たちがいました。

はるか遠い日本に住んでて、自分の国の代表がサッカーの試合に来るって、すごく嬉しいよね。
そんな気持ちがなんとなく伝わってきましたよ~。
しかも勝ったし・・・涙。

今日のプレゼントはこれ。

選手入場のときに、みんなで掲げていたシートです。
レジャーシートにもなるんだけど、掲げるにはデカすぎて、しかも軽くてペラペラして一人じゃ大変でした。
2人で1枚掲げてちょうどいいかな。

と、またこれ。

この小さいメモはいつもくれるけど、小さすぎて使いにくいので、ぶっちゃけ要らないかな。


座って周りを見渡すと、ダンマクがいくつかあったんだけど、特徴的なのは選手個人のがほとんどなかったこと。
とはいえ、これは時間が経つにつれて増えていったけど、この時点では播戸竜二選手の3枚が際立ってましたね~。
で、ちょうど、このダンマクの下あたりに席を確保♪

ま、こんなにギリギリに選手発表されて、しかもコロコロ変わるから、ダンマク作るのも間に合わないのかも。

ドイツに行ったあのダンマクもありました。ボケボケだけど・・・



ご飯を食べたり、フェアプレイフラグの選出の様子を眺めてたりするうちに、選手バス到着。
一応、播ちゃんを写してみたんだけど、???状態っすね(大泣)。


アップに出てきた選手たちは、今日は青と白の2色のビブスをつけていて、なんとなーく青組がスタメンかなぁって感じだったけど、いやいやオシム監督のことだから、そうスンナリは行かないよねなんて、いろいろ考えたりして。

でも、結局その通りだった。なんだ、今日はシンプルなのね。
ていうか、みんながいろいろ深読みしようとしたりするのを、楽しんでたりする、オシムさん?

あたしはもちろん播ちゃん中心にアップ見てましたが、えらく気合い入ってましたね~。

まだまだ慣れてない感じで、グループを間違えたりして何かと世話を焼きたくなるところはあったけど。
ベンチに入ってきたときも、一人だけビブス着けてないし・・・。いろいろ気になって仕方ない。

シュート練習はすごい勢いで決まってて、ほとんど全部入ってました。
今まで、試合前のアップであれだけシュート決まってた人、あんまり見たことない、Jでも代表でも。

でも、終わり~って言われたときに蹴った最後の1本が外れてしまい、そのまま終わるわけにはいかねぇ~って感じで、戻りながら1本きっちりゴールしてたのが、やっぱり微笑ましい播ちゃんでした。

試合開始前には、こんな人もいました。



で、試合はですね。
ガーナはやっぱり疲れてましたかね、そんなお疲れモードを感じました。
一説によると、前々日(?)のパーティーで食べすぎて練習キャンセルしたとかなんとか。
日本がなめられてるのか、それとも単なるマイペースなのか・・・。


それでも、エッシェンとアッピアぐらいしか、はっきり知ってる選手はいなかったけど、個人のスピードと体の強さは歴然。

いきなり今野があっさりかわされたり、勇樹が振り切られたり、もうどうなることかと思いましたが、阿部勇樹、今野、水本の3バックはとても奮闘してました。

途中で今野と水本が入れ替わったり、啓太のフォローも効いてたけど、よく1点に抑えたと思います。

もちろん、いろいろ思うことはあるけれど、なんたって本職のDFじゃないんだし。

特に今野は、最初はすごいオタオタした感じだったけど、時間が経つにつれて試合にフィットして、頑張ってました。

駒野が、ドリブル突破からシュートまで持っていったのが、とても印象的だったな。
あそこが、自分としては一番盛り上がったかも。

あと、アレックスは最初出てることに気づかなかったほど消えてたけど、だんだん存在感が出てきて、後半はアレックスを経由しないとダメと言われてるのかって思うほど。
それはそれで、もっとシンプルにプレーすればいいのにって思ったけど。

ま、一人一人の印象を書いてると異常に長くなりそうなので、このくらいにして、肝心の播ちゃんのことを。

もうアップから呼ばれて出てきそうなときから、あたしのテンション急上昇。
めっさ闘魂播ちゃんでした~☆

オフサイドギリギリで飛び出すタイミングも、DFの裏にスルーっと抜けていくのも、目の前で見られてもう絶品!
「ここへくれ」という指差しも何度もあったけど、残念ながらなかなか播ちゃんにパスが通らない。

ことごとく前でカットされるか、ひっかかるか、パスミスか・・・。

そんな播ちゃん、競り合いで頭を蹴られて流血したとき、足元フラフラしながら立ち上がって歩いて出ていきました。

ジーッと見てると、やってました「バチンバチン」ってホッチキス。
痛そう~(涙)。
でもすぐに、播戸は頭にバンドして出てきました(殴)。

というか、残り5分のところでやっとこさ、せっかく名相棒の二川が入った途端に怪我してピッチを出るなんて、なんというアンラッキー。


失点シーンも含めて、ガーナはボールを持ったらとても速くシュートまで持っていきます。
そこが決定的に日本と違うところだと感じました。
それにもちろん、個々のスピードも強さも高さも決定力も、、、あ~結局もう全部

この日本代表ではとても世界と戦えないと思ったけど、今回はそういう目的の試合じゃないみたいだから、どうこういうことでもないかな。


というか、全てにおいて物足りない感が強すぎて、ほんとに代表の試合を観ているという実感がないんだな、まだ。

ただ、本職のDF、山口や青山、それに他の呼ばれていないJリーグのDFたちは、どう思ってるんでしょう。
プライド傷ついてたりする?
これを見て、ぜひ発奮してほしいなと思います。


試合後、すぐにメディカル・スタッフが相手選手とユニ交換中の播ちゃんに駆け寄り、頭を指差して何か言ってましたが、播ちゃんは「大丈夫大丈夫」って感じで、みんなと一緒にスタンド一周しました。

ブーイングと拍手が入り混じった微妙なゴール裏でしたが、あたし個人的には、なかなか試合としては楽しめたと思います。

前のように「来なきゃよかった」とは思いませんでした。
佐藤勇人が出てくれたら、もっと楽しめたんだけどなぁ。

そうそう。
出番のなかった勇人たちは、試合後みんなで輪になってパス回しして遊んでました。。。



ところで、今回すごく感じたのは、ユニ着用率の低さです。
青くないんだよね~。
というあたしも着てませんが。ごめんなさい。
でもちゃんと、稲本タオマフは持っていきましたよ~♪


着ている人はもちろんいるんですが、その背中が、なんか切ない。

 5 MIYAMOTO(宮本)
 7 NAKATA(中田)
10 NAKAMURA(中村)
18 ONO(小野)


が、圧倒的に多かった。

中には、20番玉田アウェイというレアな男性や、柳沢、福西などのJリーグにいてもひっそりと呼ばれてない選手もかなり居たけど、ちーと気になったのが、「稲本」ユニの人を一人も見なかったこと。

自分のことを棚に上げて言うのもナンですが、イナギャル(こんな言い方したくないんだけどね)は稲本が呼ばれてないと、代表の応援にもこないのかと思われたりしないかなぁ。

てことで、これからは稲本選手が居るときと同じように気合いを入れて、イナユニを着用してスタジアムをウロウロしようと思います。



ゴール裏でも着席して見たい人はいるはず。
味スタみたく、着席エリア作ってくれないかなぁ~。
そしたら、地蔵呼ばわりなんかされなくても済むのに。
なーんて、背伸びして立ってても前が巨大な壁だったおチビで腰痛持ちのあたしは、そう思った一日でありました(ぼそ)。


「79年組寄せ書きサイン拒否疑惑」の真実がここにあります!
サッカー批評 (Issue32(2006))
サッカー批評 (Issue32(2006))



アレックスの頭がウリ坊になってました。
憲剛は名前だけじゃなくて顔まで俊輔に似すぎだと思います。
      このブログに投票!


スポンサーサイト

タグ : 日本代表 ガーナ代表 キリンチャレンジ サッカー 播戸竜二 佐藤勇人 稲本潤一

<< 全日本ユース選手権 準決勝 観てきました | ホーム | あまりにもツボだったので >>

コメント

くーさんの代表戦観戦記へのコメントが
いつまでも「0」のままってのは何なんでしょう?
と 自分もコメントしなかったのは置いといて、いぶかしんでいます。
それだけ今の代表は地味だってことかな?

本職のDFがどう思っているかということとの関連で、想起した選手が一人います。
6日の京都-大宮戦で0-1から1-1に追いつくヘディングゴールを決めた
角田誠。
ようやく覚醒したかのようなカクちゃん、
代表DFに育ちあがってくれないものか?

カクちゃんがアテネをめざしていた頃
その闘将ぶりに、「いずれは代表のリーダー的存在になるかも」と思っていました。
グランパス移籍後は私の視界から消えてましたが、美濃部監督のサンガ指揮初戦に、
本来のカクちゃんらしさが発揮できたようで、なんだかなつかしい人に出会えたような感じがしました。
美濃部さんってサンガユース時代の監督だった?
あの、試合中にカクちゃんが「うるさーい!」とか何とか言ったという相手かな?

中村憲剛 俊輔と似ていると私も密かに思ってました。
でも俊輔サポはそうは言われたくないだろうなと、自重しておきたいと思います。
ガーナ選手の中村憲剛評価は高かったようで
「14番が入って流れが変わった」と言われてましたね。
さて、インド戦のスタメンはいかに?


櫂さん こんにちは。

代表戦、かなり低迷してますよね。たしかに面白くないし、ワクワクしないし、今は我慢の時期なのかなーと思って応援してますが、やっぱり地味だと思います。

角田といえば、どうしても大分の根本と新潟の三田が浮かびます。
そう考えると、いいなと思うDFいると思うんですけどね~。
どうしてボランチなんだろうなぁ。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


日本代表対ガーナ代表 キリンチャレンジカップ 2006

 どうも!!FC.VIRIDISの練習試合の相手が決まらなくて、にっちもさっちもどうにもブルドック状態の大将です。10月4日、「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ 2006」と題しまして、横浜日産スタジアムで日本代表とガーナ代表が親善試合を行いました。まぁ、この

FC.VIRIDIS BLOG 2006/10/06 04:51

【大人用】日本代表×ガーナ代表 レポート

国際親善試合「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ 2006」10月04日 19:20?? 会場:日産スタジアム? 日本0―1ガーナまず、オシム監督の選手選びですが、まだまだテスト中だと思いますね。今日出場しなかった田中達也と闘莉王は、合格なので選ばれ

おもしろサッカーアルゼンチン 2006/10/06 07:43

【こども用】日本だいひょう たいガーナだいひょう レポートですよ!

負け 日本0-1ガーナ 勝ち<試合>ガーナのピンポンが、ポーン!とけってハミヌがドーーーン!!とゴールして、ガーナがかちましたよ。日本は負けちゃいました。<おもしろかったこと>◆4とす(3とす=三都主)さんが、『うり坊』ちゃんに変身しましたよ~!!

おもしろサッカーアルゼンチン 2006/10/06 07:44

<サッカー日本代表>インド戦23人

どうやら、インド戦のメンバーが発表になったようです。どこかのスポーツ紙では、オシムジャパンたたかれていたようですが、個人的には、大健闘だと思います。相手は、チェルシーなどで活躍している海外組もいる主力メンバーのガーナですから国内組でしかも若手中心のできて

いま話題の商品たちです。 2006/10/08 23:11

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。