FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のサッカーダイジェストといい、Numberといい、あたしの大好きな79年組が、やけに注目され始めてます。

ワールドカップ後、現場で実際に見てもないいい加減な憶測記事や、それに翻弄された人々の無責任な口撃やら、文撃やらで、見ている方としてはかなり辛い思いもしましたが、そんなことでへこたれるヤツらじゃありません。

元々、持っている実力やメンタルの強さは並大抵のものではないのだから、監督が上手に使いさえすれば、大きな戦力となってくれるはずです。

けれども、オシム監督はもっと下の世代を中心に、南アフリカW杯メンバーを考えているようで、それはそれで仕方ないのかなと思ってますが。

Numberで山本さんが79年組にエールを送ってますが、気づけば山本さんのスローガンだった
「アテネ経由南アフリカ行き」が、今オシムさんによってかなり現実化されてますね。

若い力を試すなら、本当はもっと下の世代がいいと思うんだけどな。


ま、それはそれとして、79年組の話に戻します。


最近、海外で試合に出場できている選手は、ほとんど79年生まれなんですよね。

高原、中田浩二、稲本、小笠原はみんな79年生まれです。
大黒は80年生まれ、松井81年生まれですけどね。

小野伸二は、怪我を完全に治せればいいんだけど、なかなか難しいみたい。
でも、伸二の才能は誰もが認めるところです。

加地、遠藤は、オシム代表にもしっかり定着しています。
遠藤は、早く病気が治って復活してくれますように。
さらに、播ちゃんがやっと選ばれたりもして。

あまり名前が挙がらないけれど、永井、酒井、本山、手島、曽ケ端、榎本達也たちも、Jの試合を見るとやっぱりチームの中心で光るプレーをしています。
(永井と榎本はもうちょっと出番が欲しいところ・・・)

こうやって見ると、あのワールドユース準優勝したメンバーって、改めてすごいなぁと思います。


でも、ちょっと最近心配なニュースが多いですよね。

伸二の怪我は慢性化しているみたいだけど、怪我は別として、なんだか病気が多いんです。

稲本の食あたり、遠藤の肝炎に続いて、今度は高原が胃腸炎でベンチから引っ込んでしまったとか

疲労がたまってるんでしょうか。

しっかり休むときは休んで、まだまだもっともっと元気に頑張ってほしいです。

そんな中、一人元気なのが播ちゃん!
播ちゃんの嬉しいコラムなどもありました。
やっときた「播戸の出番」】


やっぱりあたしの79年組への思い入れは、半端じゃないみたいです。
というか、生まれた年にこだわるわけじゃなくて、やっぱりあのワールドユース組なんだなぁ。

もちろん、カズやゴンちゃんをはじめもっとおじさん(おい)の中にも好きな選手はいっぱいいるし、若い選手もそれなりに応援していますが、まだまだ中心は79年組の彼らだと勝手に思ってます。

そんな彼らの歴史や今など、いろいろ特集されていて、Numberは面白かったです。



ワールドユース選手権大会 日本サッカー史上初! U-20日本代表「準優勝」への軌跡 決勝トーナメント
ワールドユース選手権大会 日本サッカー史上初! U-20日本代表「準優勝」への軌跡 決勝トーナメント
 

日本ユース代表、サバンナを駆ける
日本ユース代表、サバンナを駆ける
2000年U-23 日本の勇者たち
2000年U-23 日本の勇者たち
GOAL GATE 高原直泰 1979‐2003
GOAL GATE 高原直泰 1979‐2003
稲本潤一  1979-2002
稲本潤一 1979-2002

U‐22―フィリップ・トルシエとプラチナエイジの419日
U‐22―フィリップ・トルシエとプラチナエイジの419日



ジーコさん、UEFA杯予選負けまして、現在グループ最下位です。
ちなみに、ティガナ監督のベシクタシュも同じく負けて、最下位です。
どっちもイングランドのチームに負けました。トルコ、ガンバレよ。
   


スポンサーサイト

タグ : サッカー 日本代表 稲本潤一 播戸竜二

<< 小笠原選手の初ゴール、そして稲本!俊輔! | ホーム | Jリーグ第27節 その2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。