上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今週はなんだかバタバタしていて、ほとんど試合を見れませんでした(涙)。
でも、FSはなかなかいい感じかも。
こんなふうに勝敗予想が結構当たったりすると、TOTO買っとけばよかったなぁ~なんて思うんですけどね。
なかなか買いにいくのが面倒で・・・。
買いやすくなったとはいえ、手続きなんかも必要だし、まだまだ思いついたらすぐっていうわけにはいきません。


で、試合はハイライトやスポーツニュースで確認しただけなんですが、どうやら豪快ミドルシュートが多かったのかな?

北斗や藤田の走りこみっぷりには、おぉ~と思ったし、嘉人の2ゴールはめでたい!


そんなJ1の結果です。↓
●甲府 2-1 名古屋
[甲府] 宇留野純(後半9分)、バレー(後半17分)
[名古] 藤田俊哉(後半14分)

甲府は相変わらずホームでは最強ですね。
バレーのシュートは凄かった!
俊哉の後ろからの飛び出しも、らしくてナイスゴールでした。


●京都 1-1 大分
[京都] パウリーニョ(前半31分)
[大分] OG(前半43分)

何試合か前からずっと気になってる「いつ勝つねん」というゲーフラ。
あれが出されなくなる日はいつなんだろう・・・・・・。


●横浜FM 2-1 鹿島
[横浜] 坂田大輔(前半6分)、山瀬功治(前半18分)
[鹿島] 深井正樹(前半29分)

山瀬のシュートは気持ちよかったけど、その前のドゥトラからのパス、そしてそれを受けたドラゴン久保が、マイナスに出したパスがよかったですね。
仲間の気持ちが理解しあえてこそのゴールだな。

ところで、何気に鹿島ヤバくないっすか?3連敗って・・・。


●福岡 2-1 磐田
[福岡] 中村北斗(後半28分)、城後寿(後半40分)
[磐田] 鈴木秀人(後半44分)

後ろから飛び込んできた北斗の豪快な一発で、気持ちよく勝てました。
最後の最後に1点入れられたのは、ちょっと残念。


●千葉 1-3 大宮
[千葉] クルプニコビッチ(後半42分)
[大宮] 小林大悟(前半1分)、久永辰徳(前半43分)、アリソン(後半10分)

千葉は、なんとなーく勝てなさそうな気がしてました、対戦相手に関係なく。
前節、ものすごくいい勝ち方をしたけど、あんまりああいうのが続かないチームっていう気がするんですよね。

そういえば話は逸れるけど、水本がまた怪我したんですね
んで、代わりに招集されたのが「千葉」って、なんのダジャレだよ、と思ったら、勘違いでした。
でも、この記事のタイトル、紛らわしいよ~~~!

代表に行くたびに怪我して帰されちゃ、たまりませんな。
どうぞお大事に。早く治りますように。


●清水 1-1 新潟
[清水] マルキーニョス(前半2分)
[新潟] 矢野貴章(前半28分)

清水が勝つと思ったんだけど、これは外れました。
というか、矢野貴章、そんなワザができるなら、柏でそれを見せてほしかった・・・・・・(涙)。


●浦和 2-2 川崎
[浦和] ワシントン(前半19分)、ポンテ(後半7分)
[川崎] ジュニーニョ(前半35分=PK)、中村憲剛(後半5分)

この試合は見ましたよ~。
ワシントン、トラップ上手っ!感動☆

負けたら首位争いからかなり離れてしまう川崎の意地か、おもしろい試合だったけど、結局ドロー。

中村憲剛の右サイドからのクロスはよかったけど、それをやらせてしまったアレはどうなの?
微妙な距離を置いて立っているだけのアリバイプレーという悪い癖が出たように見えましたが、あたしの見間違いでしょうか・・・。

闘莉王は「上がらない」宣言をしたけど、川崎にもチームメイトにも信じてもらえず、微妙に迷いが出たか(笑)?
この勢いだとFSの年俸が3億円に届く日も近いかと思っていたけど、ちょっと下がっちゃうかもですね。はぅ~。


●FC東京 3-2 G大阪
[東京] 今野泰幸(後半32分)、鈴木規郎(後半36分)、石川直宏(後半39分)
[G大阪] 播戸竜二(前半11分)、マグノ・アウベス(前半24分)

遠藤が病気で離脱してから、苦しんでますね、ガンバ。
どれだけヤットの力が大きいかってことかな。
でも、しっかり療養させてあげるためにも、精神的に安心させてあげないとね。

ベンチに下がってからの播ちゃんの、立て続けに失点するチームを見る悔しそうな表情の横に、ヤットのユニフォーム。



なんとも切ないシーンです。
がんばれガンバ。

って、あれれ。なんちゃって東京サポのあたしがこんなんでいいんだろうか。
やっぱ、東京のことも書かなきゃです。

実はこの試合も、TVで見ました。
ノリカルのミドル、凄かったですねぇ。あんなの飛んできたら怖いです。
そして勝負を決めたナオのゴール。すっごい嬉しそうだったね。
怪我から復帰したナオ、完全復活みたいですね♪

今日は、増嶋竜也はスタンドから見てました。
怪我の具合はよくなってきてるみたいだけど、U21に参加できないのは、悔しいよなぁ~。
マス、悔しいよね? あたしは悔しいよ。早く戻ってこ~い。

そうそう、余談ですが。
播ちゃんの公式サイトの21日のダイアリー、最後の写真に爆笑しました。
ぜひ見てみてくださいな。特に、ジェフサポの方必見☆
ここの左サイドのリンク集の、上から3番目で~す♪


●C大阪 4-2 広島
[C阪] ゼ・カルロス(前半17分)、大久保嘉人(後半15分)、大久保嘉人(後半20分)、河村崇大(後半42分)
[広島] OG(後半18分)、森崎和幸(後半44分)

久しぶりに、嘉人の笑顔を見ました。
残留男とか言われちゃってるけど、どこまでチームが踏ん張れるか、名波とともに期待ですね。



トップの写真は、シンガポール空港にあるサッカーカフェです♪

最後まで読んでくれてありがとう♪ついでにポチッとクリックもよろしく☆
   


【PR】GEMoneyのパーソナルローン
【PR】提携CD/ATMなら返済手数料無料!!

スポンサーサイト

タグ : サッカー Jリーグ 播戸竜二

<< モルディブ~♪ | ホーム | 小笠原選手の初ゴール、そして稲本!俊輔! >>

コメント

がけっぷちの方も優勝争いの方も明暗くっきりって感じでしたね。
アビスパは国見コンビで快勝でしたし、セレッソも(ついでに大久保選手も)調子が良くなってきてるなと思います。
レッズはこの試合引き分けられたのは優勝への大きな一歩だったと言えるかも知れません。
対してガンバ、サンガ、サンフレッチェは痛い敗戦ですね。
特にガンバとサンガは勝ちゲームを逃してしまいました。
ガンバは監督の交代時の選手起用に批判が集まっているようです。
レッズが磐石と見えますが、残り試合でドラマが生まれるのでしょうか?

それにしてもFC東京対ガンバ大阪の一戦は、東京のサポーターにとって最高だったでしょうね。
こういう試合が生で見れた方が羨ましいです。

後半にガンバの選手がばてて、播戸選手もいなくなって、攻め手に欠けたのが敗因かなと思います。
東京の選手交代でマークが曖昧になっていまった感もあります。
遠藤選手は今シーズンは厳しいようですし、建て直しを急がないと取り返しがつかなくなりそう(もうなってる?)です。

東京にとってこの勝利は大きいですね。
東京は前半と後半で別のチームになってましたね。
本来の力をやっと出せた、そんな感じがしました。

平山選手は良くなかったなとファンとしても思いました。
ガンバが対策しっかり立ててきたのもありますが、もう少し動きに工夫が欲しいと思う場面がありました。
それと中盤の選手との連携もまだまだですね。
スペースにボールが欲しい時に足元に出されたり、クロスがいまいち合わなかったり。
練習でもっと周りとの連携を改善しないといけないなと思います。
守備での連携もしっかりやっておかないといけません。
ルーカス選手と併用する場合は縦ではなく、横に並べてツインタワーって感じで使った方がいいかもと思いました。
ガンバに高さで優っていたのを上手く活かせなかったのはちょっと残念です。
FC東京が勝って嬉しいのですが、平山ファンとしてはちょっと複雑です。

話は変わって以前KAT-TUNの話の時に出たスマップから森さんが脱退したのって1996年の出来事なんですね。
あの頃はまだ中学生でした。
もう十年も経ったんですね~。





きょうぽちはここでミドルシュートみたいな手続きする?

トンさん、激しく亀レスすみません。めちやめちゃ忙しくしてました・・・。
なので、U21の試合もTVでも見てないんですが、平山選手がゴールしたんですよね、たしか?よかったですね。
どんなゴールだったんでしょう。復活の兆しかな。

平山選手の東京デビュー戦を生観戦したのですが、あまりにもコンディションが整ってなくて、サポから「オランダ帰れ」なんて罵声を浴びながら、選手の挨拶で一番後ろをトポトポとついて歩いている彼を見て、ちょっと心配でしたが、やっと日本になれてきたのかな。

また、もうすぐに週末のJですね。ちょっと私は見られそうになくて残念ですが、優勝争いと残留争い、どっちも結果だけはチェックしたいと思います。

ちょっとご無沙汰していますm(_ _"m)ペコリ
な~んかバタバタで・・・・やっと一息です。
才オォ(。゜Д゜)ォオ才・・・凄っいカウンター^^
また、遊びにきてくださいね。ヾ(・ε・。)
応援ポチ!(〃^∇^)o_彡

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


J1 日本のサッカー

日本に「Jリーグ」という言葉が知れ渡り始めたのは、1993年5月15日のこと。

スポーツ情報 2006/10/25 11:49

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。