上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イングランドの稲本選手が、土曜日のWBA×ブラックバーン戦に
右サイドでフル出場し
先制点のアシストをしたということを
昨日の日記に書きました。

稲本選手の一番フィットするポジションは
やっぱりボランチだと思うし、
そこでこそ「まず守備から入って、チャンスを見て攻撃へ」という
イナの良さが最も発揮できると思います。

で、この試合の右サイドについては、正直ちょっと不満でした。

1月の移籍で獲得したクアシーをセンターで使いたいから
イナが前に右へ押し出されたような気がしたんです。

たしかにクアシーは、とても良かったと思います。
現地のサポーターにも絶賛されてます。

でも、右サイドの稲本選手が良くなかったかというと
全くそんなことはありません。

いつもたいていの場合は稲本選手をベタ褒めしてくれる
湯浅さんが、微妙にテンション低めだったので
あ~やっぱりそうなのかなぁと思ったんですけど
今日、もう一度試合を見直して、気づきました。

ロブソン監督は、イナの右サイドでの守備に期待したんじゃないかって。

最近の稲本選手の守備力といったら、それはもう!!
あまりウエストブロムの試合をご覧にならない方には
いまいちピンとこないかもしれませんけど
頼もしいの一言です。

でも、日本のTVとかニュースでは、そういう部分は
ほとんど取り上げてくれません。
「得点に絡まず」とかせいぜい「献身的」とか。

そして、ロブソン監督の期待に、イナは見事に応えました。
攻撃でアシストも記録したし
シュートもたくさん打ちました(決めてほしかった・・・)。

でも、好調なブラックバーンのサイド攻撃を
きっちり封じたのは、稲本選手です。


あのペデルセンに仕事をさせませんでした。
前節ハットトリックをしたベントリーもさっぱりでした。
まあベントリーは、別としても
右サイドで攻撃参加するだけではなくて
守備での貢献度はかなり大きかったと思います。

フラム所属の頃に、アーセナルと対戦したときも
右SBのフォルツと一緒に、右サイドでアンリを一生懸命抑えて、
ベンゲル監督に「今日は右サイドバックが2人いた」と
言わしめました。

今の稲本選手は、あの頃よりも数段パワーアップしています。

そのパスを決められないならFWじゃないでしょ、みたいな
パスを送ったアシストももちろんすごいと思いますけど
そういう面での貢献も、もっと取り上げてほしいなぁ。

すぽるとの風間さんは、どうしていつもスルーなんでしょう・・・(ぼそ)。

ちょうど入れ違いでアメリカ遠征に行ってしまいましたが
ジーコ監督!稲本頑張ってますよーーー!


ふぅ。
久しぶりに力が入ってしまいました。疲れた~。



読んでくれてありがとう♪クリック応援してもらえると嬉しいです★
   

こちらもよろしく☆
大切なこと 好きなもの(本館)



スポンサーサイト

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

<< ジャンルカ富樫氏がアフリカで急死 | ホーム | 稲本先制アシスト!勝利に貢献 / 大黒、移籍後初ゴール >>

コメント

右SBはイナ自信が申し出たとかでないとか・・・。やれば出来る子だって存分に見せられたとは思います。最近のイナ、本当に疲れ知らずになりましたね!あのアーセナル戦はとてもドキドキした試合でしたが、イナの守備は絶対に代表にも必要ですね!色付きの文字

2日前に監督から「右サイドをやったことはあるか」と聞かれたんで、フラムの時やアーセナルの時に何回かやったことがあるんで、「出来る」といいました。
っていうことですね。
2日前だったら、そんなに練習時間もなかっただろうに、大したもんですよね!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。