上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横浜Fマリノス 1-1 FC東京

行こうかな~どうしよっかな~と、悶々。
キックオフ20分前まで悩んだ結果、結局やめました。

マスが何かやらかしそうな気がしたんだよね。
やっぱり行けばよかった・・・・・・・・・・・。
こんなに近いのに、日産スタジアム嫌いとか言ってる場合じゃなかった・・・。

今日の試合は、個人的には
増嶋竜也のJリーグベストゲームだと思います。

素晴らしいタイミングで飛び込んで失点を防ぐことも数度。
体を張った思い切りのいい守備と
前線へのフィードも正確でした(活かしてくださいよ>FWの方たち)。

一度、土肥ちゃんとちょっとお見合いしてしまったけど
そのおかげで、土肥ちゃんのペナ外でのフェイントなんて
珍しいものも見られたし(おい)

マス一人で今日何点防いだ?!っていうぐらい
大奮闘でした。

横浜サポの方々もきっと「また増嶋かいっ!」と
印象に残っているんじゃないかな。

そして、とうとう1-0でリードされていて
あきらめムードが漂ってきた後半ロスタイムに
セットプレーから、見事なゴールを決めました♪

セットプレーで、何度もマスがターゲットになってたので
今日は決めてほしいなぁと思ってたんですけど
ものすごく難しいボールを浮かさずに
きっちり入れてくれました。


ブースから観戦していたジーコ監督も
きっとモニより記憶に残ったことだろうと思います。
かなり激しい思い込み>自分


前回のナビスコはかなり凹む出来だったので
ジャーンが怪我してなかったら
きっと今日のマスの出番はなかったと思う。

ほんと、チャンスをきっちり掴むって大事ですね。


FC東京公式HPより拝借)


試合内容は、もう圧倒的に横浜ペースで
東京はボールを持っても前に運べない。

後ろがすごく守備に頑張ってて
たまにボールをカットして奪っても
中盤から前がどうにも横浜のチェックが厳しくて
全部取られてしまったり、ミスで失ったりの連続。

前半のFWは、前から全くプレスもかけず
たまにボールを持っても
中盤で横パスやらバックパスを繰り返すのみ。


あまりにも歯がゆい展開に(というか、おもしろくない)
せっかく応援している増嶋が出てるにもかかわらず

ついつい、途中でチャンネルを
1時間早く始まっていた「柏レイソル×東京ベルディ」に
変えてみたりもしちゃいました。


増嶋竜也選手は、ジャーンとモニの2人が偉大なので
なかなか出場機会に恵まれず
オリンピックに向けて、アピールの場がほしかったところでした。

今季は、ジャーンが怪我だったり
モニが代表でお留守だったりと
開幕から少しずつ出場のチャンスをもらえました。

開幕戦は、よかったです。
まだまだ先輩2人に比べれば怖いシーンもあるけれど
去年に比べたら、ずいぶん頼もしくなりました。

と思ってたら。
新潟戦でやっちまったり・・・。

うーん、やっぱ課題はメンタルかなぁ。

そんな心配もしてたんですけども
なんといっても若い!

DFは試合に出続けて、経験していくことが大切です。
モニだって、最初の頃は十分怖かった(おい)。
それが、試合に出続けてここまで成長しました。

だ・か・ら。
ガーロ監督。
増嶋竜也、ずっと使ってやってください。
すっかり母親気分。


それから。
1-0でリードしていたのに
前半のうちに逆転されて
1-2でハーフタイムを迎えた柏レイソルですが

結局、終わってみれば3-2で、こちらも勝利!

よかったよ~。
なんたってラモス率いるベルディにだけは負けらんないっ!

最後に、柏から移籍したキャプテン大野が
柏のみんなと笑顔でハグしたり握手したりしてたのが
嬉しかったです。

今日は良い日だーーー!

さぁ、あとは夜の部です(ぼそ)。


ところで、痛そうだったけど、マスの足は大丈夫なんだろか。
   

サッカーグッズならサッカー。マニアへ!

話題の『大人のビジネス力診断』抽選でプジョーが当たる!!
価格.comで外貨預金を徹底比較!賢い外貨運用はコチラから。


スポンサーサイト

<< サッカーとお花見 | ホーム | エクアドル戦と甘熟醗酵酢 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。