上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎日、何試合かは必ず見ているんですが
そのおかげで激睡眠不足です。
なので、なかなか感想を書く余裕がないんです(いいわけ)。

ワールドカップの準々決勝 ドイツ×アルゼンチン 見ました。

前半は一方的にアルゼンチンが攻撃し
ドイツが守るという展開で、見ている方としては
あまり面白くない感じだったけど
アルゼンチンが1点取ってからは
俄然ドイツが攻めに出てきて、おもしろくなりました。

でも、おもしろくないと言っても、このレベルになると
1対1の攻防も含めて、それなりに楽しいんですけどね。

ドイツのキャプテン、バラックが足を痛めて
何度も治療のためにピッチを離れながら
それでも、最後の最後まで戦った姿にちょっと感動。

で、試合はもつれにもつれ、結局1-1のまま延長戦へ突入。
それでも決まらず、ついにPK戦へ。

ものすごいアウェイの中で、それでも何度かあったチャンスに
アルゼンチンが決めていれば
ドイツ、これで敗退かなぁと思ったけど
PKまでいくと、やっぱりドイツに利があったと思う。

キーパーが負傷交代していたアルゼンチンは
PK待ちの時間帯も、なんとなく落ち着かない様子で
それに対して、ドイツは余裕が感じられました。

なんといっても、激しいレギュラー争いをしていた
レーマンとカーンでしたが
PK待ちで集中していたレーマンにカーンが近づいて激励。
カーンの言葉にレーマンが頷き、最後はガッチリと握手。



いいシーンだ~~~。
「ブラジル戦の前半終了間際に失点したヨシカツを励ます土肥ちゃん」のシーンと同じぐらい。


解説の反町氏が、「試合中にゴールした選手って
なぜかPKのとき、あまりよくない傾向があるんです」と
言ったとおりになったアルゼンチン。

ドイツは、負傷していたバラックも含めて
全員がきっちり決めた上
ドイツのGKレーマンが、素晴らしかった。
アルゼンチンのPKを2本止めましたが
止められなかったのも含めて、全部飛んだ方向が当たってました。

開催国ドイツは、順調にコマを進めました。

個人的には、サビオラとメッシをもうちょっと見たかったなぁ。

ただ、最後の小競り合いにはちょっと興ざめでした。
一体、何をもめてたのかな。




イタリア vs ウクライナ はイタリアが勝利。
これで、シェフチェンコが姿を消しました。


当たり前なんですが、試合を重ねるごとに
もっともっと見ていたい選手が消えていきます。

さて、今日は
イングランド vs ポルトガル と
ブラジル vs フランス です。

どこの国が勝ち残るかな。
両方とも見たいので、今のうちにお昼寝しておこうかな。

      このブログに投票!


スポンサーサイト

<< ジダンとフィーゴはさらに上を目指す | ホーム | 積み重ねてきた日々 >>

コメント

私もドイツ-アルゼンチン観ました。
W杯本戦はさすがに熱戦というか
選手たちの勝利への気迫が凄いですね。

そして審判の匙加減が微妙に(はっきりかも?)試合の方向を左右するってことも
今さらですが再認識させられますね。

アルゼンチンの監督采配は非難されそう?リケルメを下げ、クレスポも下げて
メッシやサビオラの投入もなく
2点目を取りに行くことより1点を守ろうとしたのかな?
次の試合を考えて休ませようとしたのかな?

審判問題では、Jの審判の笛多用も世界基準に合わせる方向を考えて欲しいですよね。
「きなタニ日和」というレイソルサポのきなこさんのblogで
アルパイ退団のことを思い出しました。
Jリーグでは退場処分の判定でも他の国のリーグでは正当なディフェンスというのでは、なんだかねー、です。
改善すべきところは改善していって欲しいです。

櫂さん こんにちは。
やっぱりこのレベルまでくると、気迫も何もかもレベルが違いますよね。
こういう試合を見ていると、つくづく日本は全てにおいて、まだまだ全然足りなかったんだなぁと実感します。

Jリーグの判定基準も、早いとこ世界レベルにしていかないと、いつまでたっても追いつけませんよね。

ところで、ちっとも知らなかったんですが、ぽちがずいぶんお世話になっているようで、どうもありがとうございます。
昨日、お邪魔して初めて知ったこととか、いろいろあって・・・・・・(大汗)。
これからも遊んでやってくださいね。よろしくです。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。